没後130年 月岡芳年展「【後期】芳年の描く別嬪(べっぴん)」神奈川県立歴史博物館

没後130年 月岡芳年展「【後期】芳年の描く別嬪(べっぴん)」神奈川県立歴史博物館

名称:没後130年 月岡芳年展「【後期】芳年の描く別嬪(べっぴん)」神奈川県立歴史博物館
会期:2022年10月5日(水)~11月15日(火)
開館時間:午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
休館日:月曜日(10月10日は開館)、10月11日(火)
会場:常設展示室2階 テーマ3 近世
観覧料:常設展観覧券でご覧いただけます。
一般300円、20歳未満・学生200円、高校生・65歳以上100円
住所:〒231-0006神奈川県横浜市中区南仲通5-60
TEL:045-201-0926
URL:神奈川県立歴史博物館

月岡芳年は、昨今「最後の浮世絵師」として親しまれる、明治時代を代表する浮世絵師です。芳年といえば、鮮血の描写が印象深い「血みどろ絵」が有名ですが、その画業の幅は広く、生涯さまざまなジャンルの浮世絵を手がけていました。
芳年没後130年の節目を受け、この秋は月岡芳年特集として、芳年が女性を題材として描いた浮世絵に注目し、2回に渡って展示を行います。
後期は、「芳年の描く別嬪」と題して、表情豊かな美人たちと当時の様々なトレンドが描かれた作品を取り上げます。
江戸の人々にとって浮世絵は、色鮮やかな絵を楽しむ娯楽商品であり、気になる話題や流行を知ることのできる情報誌でもありました。特に美人画は、今でいうところのファッション誌の役割を果たしていたようで、芳年も多種多様な装いの女性を描いています。時代を越えて今なお美しく輝く女性たちの姿をどうぞお楽しみください。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る