「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」横浜人形の家

「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」横浜人形の家

名称:「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」横浜人形の家
会期:2022年10月29日(土)~2023年1月29日(日)*年末年始の休館期間あり
時間:9:30~17:00  *16:30最終受付
会場:横浜人形の家3階企画展示室
観覧料:大人900円/小中学生450円
   *入館料(大人400円/子ども200円)含む、未就学児は入館および観覧料無料
休館日:毎週月曜日および年末年始 *月曜日が祝日の場合は開館し翌日が振替休館
住所:〒231-0023神奈川県横浜市中区山下町18番地
TEL:045-671-9361
URL:横浜人形の家

「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」横浜人形の家
「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」横浜人形の家

「少女ノスタルジック展ー昭和30~50年代の想い出」は、昭和雑貨コレクター/人形作家の宇山あゆみさんをプロデューサーに迎え、宇山さんのドールやグッズのコレクションを中心に昭和30~50年代の「懐かしくて可愛い」モノをたくさんご紹介いたします。
少女時代を過ごしたあの頃に想いを馳せるとともに、新たな発見がきっとあるはずです。もちろん、当時を知らない世代の方でも楽しめる展示です。
*本展展示室の撮影は一部OK/フラッシュ撮影NGとなります

1969年、東京生まれ。なつかしくてカワイイ「昭和メルヘン」をテーマに創作を行い、昭和の少女洋品・生活洋品のコレクターでもある。中でも、ポーズ人形・フランス人形コレクションは日本一。高度経済成長期に生産、消費され、処分されてきたものにこそ、素敵なものがたくさんあったことを再確認。コレクション本、手芸本、絵本など、著者本多数。企業とのコラボグッズの企画やプロデュースも手がける。
主な著書に「少女スタイル手帖」「みんなの想い出アルバム」(河出書房新社)、「想い出プリント大百科」(新紀元社)、「ルネのデザイン帖」(世界文化社)などがある。ケンエレファントとのコラボカプセルトイ「昭和ノスタルジック」シリーズのプロデュース担当。「昭和45年女」(株式会社クレタ)にて『昭和メルヘンサロン』連載中。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る