「マリー・ローランサン ―時代を写す眼」アーティゾン美術館

マリー・ローランサン《二人の少女》1923年

名称:「マリー・ローランサン ―時代を写す眼」アーティゾン美術館
会期:2023年12月9日[土] – 2024年3月3日[日]
開館時間:10:00ー18:00(2月23日を除く金曜日は20:00まで)*入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日(1月8日、2月12日は開館)、12月28日ー1月3日、1月9日、2月13日
主催:公益財団法人石橋財団アーティゾン美術館
会場:6階 展示室
同時開催:石橋財団コレクション選 特集コーナー展示|野見山暁治(5・4階 展示室)

住所:〒104-0031 東京都中央区京橋1-7-2
URL:アーティゾン美術館

マリー・ローランサン(1883-1956)は、20世紀前半に活躍した女性画家です。ローランサンは、パリのアカデミー・アンベールで学び、キュビスムの画家として活動をはじめました。1914年にドイツ人男爵と結婚、ドイツ国籍となったため、第一次世界大戦がはじまるとフランス国外への亡命を余儀なくされました。1920年に離婚を決意して、パリに戻ってくると、1921年の個展で成功を収めます。第二次世界大戦勃発後もほとんどパリに暮らし、1956年に73歳で亡くなるまで制作をつづけました。本展ではローランサンの画業を複数のテーマから紹介し、関連する他の画家たちの作品と比較しつつ、彼女の作品の魅力をご紹介します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る