特別展「加耶」九州国立博物館

特別展「加耶」九州国立博物館

名称:特別展「加耶」九州国立博物館
期間:2023年1月24日(火)〜2023年3月19日(日)
会場:九州国立博物館
時間:日曜日・火曜〜木曜日
   9:30〜17:00(入館は16:30まで)
   金曜日・土曜日 夜間開館
   9:30〜20:00(入館は19:30まで)
   ※夜間開館の実施については変更になることがあります
休館日:月曜日 
観覧料:一般 1,700円(1,500円)
   高大生 1,000円(800円)
   小中生 600円(400円)
   ※( )内は前売り料金です。販売期間:1月23日(月)まで
   ※上記料金で4階「文化交流展(平常展)」も観覧できます
   ※大学生以下の方は学生証や生徒手帳を要提示
   ※障がい者等とその介護者1名は無料です。展示室入り口にて障害者手帳等(詳細はホームページ等をご確認ください)を要提示
住所:〒818-0118福岡県太宰府市石坂4-7-2
TEL:050-5542-8600(ハローダイヤル)
URL:九州国立博物館

特別展「加耶」九州国立博物館
特別展「加耶」九州国立博物館

古代朝鮮半島と倭国の交流に迫る決定版!
加耶は4世紀から6世紀にかけて、朝鮮半島中南部に興った国々の総称です。鉄で栄え、金で飾った加耶諸国は、古墳時代の日本にもさまざまな影響を与えました。
本展では、最新の研究成果に基づいて、加耶の前身である弁韓に始まり、562年に大加耶が滅亡するまでの、加耶の興亡の歴史をたどります。
また、加耶をはじめとするさまざまな地域から日本列島にやってきた「渡来人」たちがもたらした文化・技術に着目し、発掘調査出土品から、日本文化の形成過程に迫ります。

特別展「加耶」九州国立博物館
特別展「加耶」九州国立博物館
韓国宝物 金銅冠 高霊池山洞32号墳出土 5世紀 韓国国立大邱博物館 (画像提供啓明大学校博物館)
韓国宝物 金銅冠 高霊池山洞32号墳出土 5世紀 韓国国立大邱博物館 (画像提供啓明大学校博物館)
有刺利器 咸安道項里(文)10号墳出土 4~5世紀 韓国国立金海博物館 (画像提供韓国国立金海博物館)
有刺利器 咸安道項里(文)10号墳出土 4~5世紀 韓国国立金海博物館 (画像提供韓国国立金海博物館)
《短甲》伝金海退来里出土 <金官加耶> 4世紀 韓国国立中央博物館
《短甲》伝金海退来里出土 <金官加耶> 4世紀 韓国国立中央博物館
《韓国宝物 金銅冠》高霊池山洞32号墳出土 <大加耶> 5世紀中葉 韓国国立大邱博物館(画像提供:啓明大学校博物館)
《韓国宝物 金銅冠》高霊池山洞32号墳出土 <大加耶> 5世紀中葉 韓国国立大邱博物館(画像提供:啓明大学校博物館)
《金製耳飾り》陜川玉田M4号墳出土 <大加耶> 6世紀前半 韓国国立晋州博物館
《金製耳飾り》陜川玉田M4号墳出土 <大加耶> 6世紀前半 韓国国立晋州博物館
《有刺利器》咸安道項里(文)10号墳出土  <阿羅加耶> 4世紀末~5世紀前半 韓国国立金海博物館
《有刺利器》咸安道項里(文)10号墳出土  <阿羅加耶> 4世紀末~5世紀前半 韓国国立金海博物館
《馬冑》陜川玉田M3号墳出土 <大加耶> 5世紀後半 韓国国立晋州博物館
《馬冑》陜川玉田M3号墳出土 <大加耶> 5世紀後半 韓国国立晋州博物館
《ガラス容器》陜川玉田M1号墳出土 <大加耶> 5世紀後半 韓国国立晋州博物館
《ガラス容器》陜川玉田M1号墳出土 <大加耶> 5世紀後半 韓国国立晋州博物館
《鴨形土器》金海望徳里I-194号墓出土 <金官加耶> 4世紀 韓国国立金海博物館
《鴨形土器》金海望徳里I-194号墓出土 <金官加耶> 4世紀 韓国国立金海博物館
《千葉県指定文化財 渡来人形埴輪》千葉県市原市・山倉1号墳出土 <倭> 古墳時代・6世紀 市原市教育委員会
《千葉県指定文化財 渡来人形埴輪》千葉県市原市・山倉1号墳出土 <倭> 古墳時代・6世紀 市原市教育委員会
《重要文化財 金製垂飾付耳飾り》奈良県橿原市・新沢千塚126号墳出土 <倭> 古墳時代・5世紀 東京国立博物館
《重要文化財 金製垂飾付耳飾り》奈良県橿原市・新沢千塚126号墳出土 <倭> 古墳時代・5世紀 東京国立博物館
《甲冑》福岡県朝倉市・小田茶臼塚古墳出土 <倭> 古墳時代・5世紀 朝倉市教育委員会
《甲冑》福岡県朝倉市・小田茶臼塚古墳出土 <倭> 古墳時代・5世紀 朝倉市教育委員会
《四條畷市指定文化財 仔馬形埴輪》大阪府四條畷市・忍ヶ丘駅前遺跡出土 <倭> 古墳時代・6世紀 四條畷市教育委員会
《四條畷市指定文化財 仔馬形埴輪》大阪府四條畷市・忍ヶ丘駅前遺跡出土 <倭> 古墳時代・6世紀 四條畷市教育委員会

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る