「ダリとハルスマン」諸橋近代美術館

フィリップ・ハルスマン 《ダリ・アトミクス》1948年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive

名称:「ダリとハルスマン」諸橋近代美術館
期間:2023年4月20日(木)〜2023年6月25日(日)
会場:諸橋近代美術館
時間:9:30〜17:00 (最終入場時間 16:30)
休館日:会期中無休 
観覧料:一般 1,300円
   高大 500円
   中学生以下 無料
   ※( )は20名以上の団体料金。他、教育施設対象の観覧料免除制度あり(要事前申込)
   ※感染症対策に伴い団体受入れを見合せている場合があります。事前に美術館までお問合せ下さい
   ※身体障がい者手帳、療育手帳、精神障がい者保健福祉手帳の提示で所有者と付添い者1名は無料
住所:〒969-2701福島県耶麻郡北塩原村大字桧原字剣ヶ峯1093-23
TEL:0241-37-1088
URL:諸橋近代美術館

フィリップ・ハルスマン 《官能的な死》1951年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive
フィリップ・ハルスマン 《官能的な死》1951年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive

大キく見開いた目にピンと尖った口ひげ。サルバドール・ダリ(1904-1989)の顔を広く知らしめることとなった写真《サルバドール・ダリ》(1954)を撮影したのは写真家のフィリップ・ハルスマン(1906-1979)です。
彼の写真は長きにわたり世界中の雑誌の表紙を飾り、アメリカの雑誌『ライフ』においては同誌史上最多の101回起用された他、Jumpシリーズではマリリン・モンローやオードリー・ヘップバーンをはじめ、当時の政治家、作家、科学者など多くのスターがモデルをつとめました。
今回はそんなハルスマンがダリとの数十年の交友を重ねる中で共同して制作した写真の数々を紹介します。デジタル作業による画像加工が登場する以前、ダリとハルスマンが共謀し挑んだ革新的で遊び心に溢れた表現をお楽しみください。

フィリップ・ハルスマン 《ダリ・アトミクス》1948年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive
フィリップ・ハルスマン 《ダリ・アトミクス》1948年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive
フィリップ・ハルスマン 《私は原子爆発に思いふける》1954年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive
フィリップ・ハルスマン 《私は原子爆発に思いふける》1954年 Photo by Philippe Halsman © The Philippe Halsman Archive

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る