「美しい人びと 松園からローランサンまで」松岡美術館

上村松園《春宵》昭和11(1936)年 第2回春虹会展 前期展示

名称:「美しい人びと 松園からローランサンまで」松岡美術館
開催期間:2023年2月21日(火)〜2023年6月4日(日)
前期展示:2月21日(火)~4月16日(日)
後期展示:4月18日(火)~6月 4日(日)
会場:松岡美術館
時間:10:00〜17:00 (最終入場時間 16:30)
   ※毎月第1金曜日のみ 10:00~19:00
   (最終入場時間 18:30)
休館日:月曜日 
   月曜日が祝日の場合は翌平日
   年末年始、展示替え期間
観覧料:一般 1,200円
   25歳以下 500円
   高校生以下 無料
   障がい者手帳をお持ちの方 無料
住所:東京都港区白金台5-12-6
TEL:03-5449-0251
URL:松岡美術館

マリー・ローランサン《若い女》1937年
マリー・ローランサン《若い女》1937年
ラスター彩人面鳥文把手壺 12~13世紀
ラスター彩人面鳥文把手壺 12~13世紀

おのれのヴィーナスの追求に余念のなかった松岡清次郎。
そのコレクションの中でも人気の高い上村松園、鏑木清方、伊藤小坡、ペルジーニ、ローランサンなど、美人画作品を網羅し、新春を彩ります。

上村松園《春宵》昭和11(1936)年 第2回春虹会展 前期展示
上村松園《春宵》昭和11(1936)年 第2回春虹会展 前期展示

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る