「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」岐阜県美術館

「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」岐阜県美術館

名称:「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」岐阜県美術館
公開制作:令和4年1月21日(土)~2月26日(日)
作品展示:令和5年3月4日(土)~3月12日(日)
入場料:無料
開場時間:10:00〜18:00
夜間開場日:2月17日(金)は、20:00まで開場
休館日:月曜日
主催:岐阜県美術館
協力:大垣化染株式会社
   岐阜県毛織工業協同組合[テキスタイルマテリアルセンター]
   岐阜市立女子短期大学生活デザイン学科
住所:〒500-8368岐阜県岐阜市宇佐4-1-22
TEL:058-271-1313
URL:岐阜県美術館

「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」岐阜県美術館
「アーティスト・イン・ミュージアム AiM Vol.13 力石咲」岐阜県美術館

13回目となる「アーティスト・イン・ミュージアム」では、「編む」ことをテーマに国内外のプロジェクトに取り組む、埼玉県出身のアーティスト・力石咲が公開制作を行います。
ー 今回の制作に寄せて ー
この世から身近な素材である糸しかなくなったら、と空想してみる。
宇宙に漂うチリが集まり地球が生まれたことを慕いながら、
私はこの星に眠る残糸を手にとり世界へ漕ぎ出るだろう。
私の中に集積したもの、こみあげるものを糸に託し、編みあげ、解く。解いた糸を手にまた歩みだす。
世界を旅し、見つめる私。
力石咲

力石咲/CHIKARAISHI Saki
1982年 埼玉県生まれ。2004年 多摩美術大学美術学部情報デザイン学科卒業。
編む、解くという行為によって一本の糸が変容していく編み物の特性を、人生や自然現象、物事の成り立ちなどと重ね合わせながら制作している。
近年の舞台に「吉祥寺ダンスLAB.vol.4『エコトーン ECHO-TONE』」(吉祥寺シアター、東京/2022年)、展示に「道後オンセナート2022」(道後温泉地区、愛媛/2022年)、「宇都宮美術館開館25周年記念 全館コレクション展 これらの時間についての夢展」(宇都宮美術館、栃木/2022年)など。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る