創立150年記念特集「未来の国宝―東京国立博物館 彫刻、工芸、考古の逸品―」東京国立博物館

青磁盤 中国・汝窯川端康成旧蔵 北宋時代・11~12世紀 香取國臣氏・芳子氏寄贈

名称:創立150年記念特集「未来の国宝―東京国立博物館 彫刻、工芸、考古の逸品―」東京国立博物館
会期:2022年9月6日(火) ~ 2022年12月25日(日)
会場:本館 14室
住所:〒110-8712東京都台東区上野公園13-9
TEL:03-5777-8600(ハローダイヤル)
URL:東京国立博物館

東京国立博物館は、令和4年(2022)に創立150年を迎えました。この歴史のなかで収集された文化財には、未来に受け継いでいきたい国民共通の宝というべき、多くの素晴らしい作品が含まれています。
今回はそうした宝の中から選りすぐりの「逸品」を「未来の国宝」として展示するとともに、その魅力や作品に込められた物語を余すところなくお伝えします。
ここ本館14室では工芸の分野から2作品、考古から1作品を時期をわけて展示します。彫刻の分野は1作品を本館11室(彫刻室)にてご紹介いたします。また、本館2室では絵画や書跡の「未来の国宝」を展示中です。どうぞあわせてご観覧ください。

青磁盤 中国・汝窯川端康成旧蔵 北宋時代・11~12世紀 香取國臣氏・芳子氏寄贈
青磁盤 中国・汝窯川端康成旧蔵 北宋時代・11~12世紀 香取國臣氏・芳子氏寄贈

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る