特別展「ピカソとその時代ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」国立国際美術館

特別展「ピカソとその時代ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」国立国際美術館

名称:特別展「ピカソとその時代ベルリン国立ベルクグリューン美術館展」国立国際美術館
会期:2023年2月4日(土)~ 5月21日(日)
開館時間:10:00~17:00 ※金・土は20:00まで(入場は閉館の30分前まで)
休館日:月曜日(2023年5月1日は開館)
会場:国立国際美術館
主催:国立国際美術館、ベルリン国立ベルクグリューン美術館、産経新聞社、MBSテレビ、共同通信社
後援:大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館、ゲーテ・インスティトゥート大阪・京都
協賛:DNP大日本印刷、あいおいニッセイ同和損保
協力:日本航空、ルフトハンザ カーゴ AG、ヤマト運輸、ダイキン工業現代美術振興財団
住所:〒530-0005大阪府大阪市北区中之島4-2-55
TEL:06-6447-4680
URL:国立国際美術館

ドイツ、ベルリンにあるベルリン国立ベルクグリューン美術館は、ドイツ生まれの美術商ハインツ・ベルクグリューン(1914-2007年)のコレクションを収蔵展示する美術館として1996年に開館し、2004年から現在の名称に改まりました。本展は、同美術館のコレクション97点をまとめて紹介する日本初となる展覧会です。ピカソの初期から晩年にいたるまでの作品と、同時代に活躍したクレー、マティス、ジャコメッティら、ベルクグリューンが最も敬愛した芸術家たちの優品に、日本の国立美術館が所蔵する11点を加えることで、20世紀ヨーロッパ美術の偉大な足跡をたどります。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る