酒資料室「変化する酒蔵建築」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

酒資料室「変化する酒蔵建築」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

名称:酒資料室「変化する酒蔵建築」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)
会期:2022年12月7日(水)〜2023年3月5日(日)
開館時間:10:00~17:00(入館は16:30まで)
料金:一般500円
   中・小学生250円
   (記念館・酒蔵館の共通チケット)
休館日:火曜日(1月10日〔火〕は、西宮神社十日えびすのため臨時開館いたします)
   年末年始休館:12月30日(金)~1月3日(火) 1月16日(月)~27日(金)は記念館展示替えの為、観覧不可
会場:白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)
住所:〒662-0926 兵庫県西宮市鞍掛町8-21
TEL:0798-33-0008
URL:白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

酒資料室「変化する酒蔵建築」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)
酒資料室「変化する酒蔵建築」白鹿記念酒造博物館(酒ミュージアム)

江戸時代以来の木造蔵から明治~昭和にかけてのレンガ蔵・コンクリート造りの酒蔵、高度成長期の需要増に対応した四季醸造蔵、さらに近年の多様化した酒蔵まで、酒蔵建築の変遷を絵図や図面、写真を中心にご紹介します。

明治25年(1892)築レンガ造りの旧辰馬喜十郎内蔵
明治25年(1892)築レンガ造りの旧辰馬喜十郎内蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る