収蔵作品展「サクラ×佐倉」佐倉市立美術館

収蔵作品展「サクラ×佐倉」佐倉市立美術館

名称:収蔵作品展「サクラ×佐倉」佐倉市立美術館
会期:2023年1月28日(土)~3月21日(日)
休館日:月曜日
会場:佐倉市立美術館2階展示室
観覧料:無料
主催:佐倉市立美術館
住所:〒285-0023千葉県佐倉市新町210
TEL:043-485-7851
URL:佐倉市立美術館

佐藤 事 《桜華雲-神楽に依る》 昭和53年 佐倉市立美術館蔵
佐藤 事 《桜華雲-神楽に依る》 昭和53年 佐倉市立美術館蔵

佐倉市は、千葉県北部、北総台地の中央部に位置し、市北部には印旛沼が広がっています。印旛沼は戦後になるまで橋梁はなく、昭和38年(1963)に舟戸大橋が架けられるまで渡船が運行していました。また、京成電鉄が都営地下鉄浅草線へ相互乗り入れを開始し、国鉄総武本線(後のJR東日本)が東京駅まで直通運転が行う一方、市による区画整理事業や住宅開発等が進み、街の風景が大きく変わっていきました。そして、令和5年3月初旬には佐倉市新町に新たに「夢咲くら館」が開館します。
本展では、うつりゆく佐倉の風景写真と同時期に佐倉に移住した作家たちの作品を中心にご紹介します。
また、3月下旬から佐倉市内でフラワーフェスタが始まります。ひと足早く、美術館では桜をテーマとした作品のコーナー展示を行います。この機会に美術館で少しだけ春を感じてみませんか。

荒谷 直之介 晴日印旛沼 1985年  佐倉市立美術館蔵 荒谷 直之介 《晴日印旛沼》 昭和60年 佐倉市立美術館蔵
荒谷 直之介 晴日印旛沼 1985年  佐倉市立美術館蔵 荒谷 直之介 《晴日印旛沼》 昭和60年 佐倉市立美術館蔵

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る