特別展「神田日勝記念美術館×神田美術館×北海道立近代美術館の所蔵品による 神田一明、日勝展」北海道立旭川美術館

特別展「神田日勝記念美術館×神田美術館×北海道立近代美術館の所蔵品による 神田一明、日勝展」北海道立旭川美術館

名称:特別展「神田日勝記念美術館×神田美術館×北海道立近代美術館の所蔵品による 神田一明、日勝展」北海道立旭川美術館
会期:2021.12.18(土) – 2022.03.13(日)
開館時間:9:30-17:00(展示室への入場は16:30まで)
料金:一般 800(600)円、高大生 500(400)円、小中生 300(200)円
  ※( )内は以下の割引料金です。
   前売料金
   10名以上の団体料金
   リピーター割引料金(当館または他の道立美術館で開催した特別展の観覧半券をご提示の場合。1枚につきお一人様1回限り有効。有効期限は半券に記載。)
住所:〒070-0044北海道旭川市常磐公園内
TEL:0166-25-2577
URL:北海道立旭川美術館

終戦間際に鹿追町に入植した神田家。
長男・一明は帯広の高校から東京藝術大学に進学し、北海道に戻って公募展を中心に活躍。
3歳年下の弟・日勝は、兄に教わりつつ油彩画をはじめ、家業の農業に従事しながら制作を続けて公募展で活躍したのち、32歳で夭折しました。
本展では生前は実現しなかった二人展を通じて、画家として別々の道を歩んだ兄弟の足跡と絆を描き出します。

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

ページ上部へ戻る