考古用語辞典 A-Words

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

人頭像 2006.07.30更新

写真集を見る
人頭像
写真:「三星堆」
【和:じどうぞう】 
【中:ren tou xiang
【英:Human head
殷・周時代>三星堆遺跡>人頭像

  三星堆遺跡の文物は、歴史的、科学的、文化的価値があるだけでなく、芸術的な鑑賞性にも富んでいる。初めて公開された頃には、内外の人々のため息を誘い、特に、今回紹介する青銅人頭像は多くの人を驚かせた。
三星堆遺跡には二つの祭祀遺跡があり、全身立像、人頭像、人面像を含む、等身大の青銅器70数体が出土した。多くの専門家は、祭祀の場として使われた時期は、殷(商)(紀元前17世紀~前11世紀)に相当すると考えている。
出土した青銅人像は、中国でも前例のない形だったため、中国の冶金と彫塑芸術の歴史に大きな意義を持ち、一連の謎を残すことになった。専門家は、文物の表面に残る焼け跡から、古代蜀族が盛大な祭事で使ったものだと推測できるという。祭事の対象は、天や地、山や川などの自然界の神様だった。青銅人像と人面像は、高い確率でいけにえを象徴していると考えられ、人を捧げる代用品となっていた。この種のいけにえの代用品を火にあぶってから埋葬する儀式は、甲骨文字の中にしばしば見られる「燎祭」に当たる。
ここから、古代蜀族が、祭事や儀礼制度において、中原の殷文化の影響を受けていたことがわかる。しかし、青銅人面像などは強烈な地域色を示し、殷文化の特徴は見られず、古代蜀族の青銅器文化の芸術的成熟を反映している。
人頭像は、高さ34センチ。冠の形が特異で、表情は厳粛で、眉が太く目が大きい。また、口が広く鼻がとがり、えら骨が張っている。両耳は外側に張り出し、それぞれの耳たぶに孔があけられている。大まかな輪郭と誇張された形は、・・・・・・出所:「人民中国」2003年10号魯忠民

 

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.