考古用語辞典 A-Words

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

天壇 2007.03.19更新

写真集を見る
天壇
【和:てんだん
【中:Tian tan
明・清 >天壇

  天壇は北京市の南北を走る中軸線の南端にあり、明清両代の皇帝が天の神を祭り、雨を乞い、五穀の豊穣を祈るところで、明の永楽十八年(1420年)に築造され、清の乾隆年間(1736―1796年)の改築を経て今日の規模に形成された。
天壇は、東西の長さ1700m、南北の幅1600m、総面積273万円2の建築群からなり、園丘と祈穀の2壇を含み、内外2層の塀で囲んでおり、全体は「回」字形を呈している。塀の北部分はアーチ形をなしており、南部分はそれぞれ東西両塀と接し、直角をなして四角形のようにしている。「天地∥昔」と呼ばれたこの「北丸く南四角」の塀の配置は、「天は丸いもので、地は四角のもの」、といった古代中国の天地観から考案したものらしい。外壇を囲んだ塀の東、南と北には門がなく、西だけは園丘壇門と祈穀壇門(天壇間とも呼ぶ)の2門が設けられた。これに対して内壇を囲んだ塀は、東西南北の4面にも門がある。内壇は祭壇と斎宮が設けられてあり、東西に走る壁を境に、南は天を祭る国丘壇で、北は五穀の豊穣を祈る祈穀壇である。この南北の両壇は、レンガを用いて地面より高くできた、長さ360mの通路一丹陛橋でつないでおり、丹陛橋は天壇の南北を走る長さ1200mの軸線の一部である。
天壇は、最初の名は「天地壇」と呼ばれ、明の嘉靖九年(1530年)北京北郡に地壇ができ、天と地の粋を分祭することが実現した後になって、はじめてその名が示したとおり「天壇」となった。天壇の主体建築は内壇に集中しており、南には国丘壇があり、北には祈穀壇(祈年殿)がある。南北の両壇は広
くて平坦な「海堰大道」、つまり丹陛橋を用いて完全な1組の建築群を作り上げている。境内は樹齢の長いコノテガシワの老木が生い茂り、荘厳静粛の雰囲気に満ちている。デザインと築造工事には中国を代表する明・清両代の建築芸術を集めた。祈年殿と皇弩手は木造の円形の建物で、大きくて精巧にできた古代建築の精品である。環境配置の面では、広い面積の木々と植生を用いた。これは古代の人々の「天人協和」といったエコ意識の具現である。天壇は場所の選定、企画、デザインから、祭TEの行事や築舞に至るまで、すべては古代のJ周易¬が説いた陰陽や五行学説に基づいており、「天」に対する認識や、バランスの取れた「天人関係」および天の神への祈願が託されている。天壇は1994年、『世界遺産リスト』に書き入れられた出所:中国世界遺産「天壇」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.