考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

斉家文化 2007.02.26更新

写真集を見る
斉家文化
【和:さいかぶんか
【中:Qi jia wen hua
殷・周時代>斉家文化

 西北地区の甘粛省・青海省で、1924年斉家坪遺址が発見され、1945年には广河県陽隯湾遺址が発掘されました。1947年~1948年、一帯を調査し、90余の遺址を発見しました。馬家窯文化馬廠類型期を継承(北京大学考古実習隊「青海楽都柳湾原始社会墓葬第一次発掘的初歩収穫」『文物』1976-1)しています。冶銅が発見され、青銅器文化であることが解りました。原始氏族社会が解体し階級生産段階へと移行します。土器は、泥質紅陶と夾砂紅褐陶、少量の灰陶が出土しました。
七里墩類型・秦魏家類型・皇娘娘台類型の3類型に(夏鼐「斉家期墓葬的新発見及其年代的改定」『中国考古学報』第三冊 1948 商務印書館・謝端霻「試論斉家文化」『考古文物』1981-3・謝端霻「試論斉家文化与陝西龍山文化的関係」『文物』1979-10)分類されます。
斉家坪遺址は、甘粛省广河県斉家坪の隝河西岸から発見されました。
大何庄遺址(B.C.2000前後)は、甘粛省永靖県蓮花の西南部から発見され、秦魏家遺址に近似しています。1959年、中国社会科学院考古研究所が発掘し、陶罐の中に焼き焦げた粟粒と銅器が出土しました。羊の肩胛骨で、焼いた跡がある卜骨14塊(中国社会科学院考古研究所甘粛工作隊「甘粛永靖大何庄遺址発掘報告」『考古学報』1974-2)も見つかりました。 
秦魏家遺址は、甘粛省永靖県蓮花の西南部から発見され、大何庄遺址に近似しています。1959年~1960年、中国社会科学院考古研究所謝端霻が発掘し、銅器が出土しました。
皇娘娘台遺址は、甘粛省武威県西北2.5㎞の地点で発見され、面積は12.5㎡です。1957年~1975年、甘粛省博物館が4 回にわたり発掘し、玉璧・銅器・墓葬・合葬墓が出土しました。
墓葬・窖穴・灰層から牛胛卜骨1 塊・羊胛卜骨21塊・猪胛卜骨4 塊が出土しました。鑽穿のような円孔があり、灼痕がみられます。僅かになにかを刻したようなひっかき傷(甘粛省博物館「甘粛武威皇娘娘台遺址発掘報告」『考古学報』1960-2)があります。出所:小林松篁

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.