考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

老官台文化 2007.02.26更新

老官台文化

【和:ろうかんだいぶんか
【中:Lao guan tai wen hua
新石器時代>老官台文化

 老官台遺址は、陝西省華県城西南、渭河支流西沙河の東岸から発見されました。1955年より3次の調査が行われ、1959年には黄河水庫考古工作隊陝西分隊華県隊が調査しました。仰韶文化半坡類型の前身の文化で、華県元君廟半坡類型墓葬(早期仰韶文化半坡類型の地層)から老官台の陶片が出土しました。裴李崗文化・磁山文化に相近した、仰韶文化最早の北首嶺類型に属します。
土器は手製で、肉が比較的薄く、内側に削り取った痕があります。桔黄色・磚紅色で内壁は灰色で、まれに黒色もみられます。紋飾りは刻紋が主、次いで縄紋です。紅色寛帯紋を施した丸底彩陶鉢も出土しました。
李家村遺址は、陝西省西郷県城西約1.5㎞、漢水上流の支流牧馬河南岸の台地にあり、面積は約2.6 万㎡です。1960年~1961年に陝西省考古研究所が発掘し、房子・窖穴・陶窖・墓葬の遺跡が発見されました。土器は、大地湾一期文化と相似します。泥質深灰陶と、まれに泥質紅陶・夾砂紅陶・泥質灰陶で、彩陶は未だ見られません。綫紋と縄紋が主で、圏足碗・三足器・平底鉢、まれに丸底鉢・大口罐・凹底罐・小杯が出土しました。石器は磨製が主です。
白家村遺址は、渭河流域から発見され、面積は約12万㎡です。1982年~1984年、中国社会科学院考古研究所陝西六隊が4回に渡り発掘しました。そして、房屋・居址・灰坑・墓葬・獣坑等の遺跡が発見され、大量の文化遺物が出土しました。黄河流域の早期農業文化です。土器は、紅褐色か灰褐色の夾砂陶で、圜底器と三足器の鉢・碗・罐、彩陶も出土しました。縄紋・附加堆紋・刻画紋・圧印紋、彩陶花紋がみられます。 出所:小林松篁

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.