考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

磁山文化 2007.02.26更新

磁山文化

【和:じさんぶんか
【中:Chi shan wen hua
新石器時代>磁山文化

 磁山文化(B.C.5400~B.C.5100)
  1973年、河北省武安県磁山で発見され、河北省中南部に分布しています。磁山遺址は、河北省武安県城西南・河北岸の台地にあります。ここから、竪穴式建築の円形・楕円形の房基、460 を超える窖穴が発見されました。窖穴は長方形が多く、円形・楕円形・不規則形もみられます。2mを超える粟の備蓄も見つかりました。
 農具は、石斧・石刀・石鎌・石磨盤です。石鎌は裴李崗文化のものと異なり、鋸歯がなく梯形で頂部に窄があります。石磨盤の多くは柳叶形で、四足と三足でまれに無足のものもあります。家畜は豚・犬・鶏で、狩猟・漁撈経済だったようで、骨鏃・魚錞、鹿類・魚類・亀鰲・貝・鳥類の骨格が出土しました。
 土器は、泥条盤築法・捏塑法で、内壁は凹凸があり形も不揃いで、焼成温度は700~930 ℃です。紅色・褐色、まれに灰褐色で、縄紋が多く、編織紋・篦紋・刻紋・乳釘紋などが見られます
 他に、杯・碗・盤・鉢・三足鉢・双耳壺・罐・裴李崗文化には見られない盂と支架も出土しました。出所:小林松篁

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.