考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

裴李崗文化 2007.02.26更新

裴李崗文化

【和:ひりこうぶんか
【中:Pei li gang wen hua
新石器時代>裴李崗文化

 裴李崗文化(B.C.5500~B.C.4900)
1977年、河南省新鄭県裴李崗で発見され、華北各地、豫中一帯・豫北・豫南に分布しています。
裴李崗遺址は、河南省新鄭県城西北約 7.5㎞の場所から、窖穴・陶窖・墓葬の遺跡が発見されました。比較的小さい遺跡で文化層も薄く、粟を栽培し、豚を飼育していました。土器類・農工具も仰韶文化に比べ種類も少ないようです。
土器は、焼成温度の低い紅陶で、彩文がなく、かなり脆い焼きです。農具は、石製の鋤先・磨製の石斧・石磨盤・石棒が女性の墓から出土しました。鋸鎌は、仰韶文化ではなくなり、B.C.数100年頃、華中で青銅製のものが使われました。また、鷹の腿の骨を切り、孔を七つ穿けた竪笛16本が出土しました。7~6音階が吹けます。念入りな細工の骨器も見つかりました。
莪溝北崗遺址は、密県城南綏水と﨨水との交わる三角地帯から、房基・窖穴・墓葬の遺跡が発見されました。住居が中央に集中し、南部に窖穴、西部と北部に墓地がありました。比較的小さい6座の半地穴居址(竪穴式)の、円形(直径2.2~3.8m)・方形の住居です。
窖穴は円形・楕円形・不規則形で、焼成温度は900~960 ℃です。粟を主とする農業中心の経済で、磨製の石鎌・石磨盤(磨棒)が出土しました。豚・犬を飼育し、漁業と採集が中心でした。
墓は長方形の浅竪穴で南北に向いていました。原則として単人葬(仰身直肢で、頭は南向き)で、陪葬品は1 ~14件で、主に陶器(双耳壺と三足鉢)です。 出所:小林松篁

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.