考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

陝西龍山文化 2007.03.18更新

写真集を見る
陝西龍山文化
【和:せんせいりゅうざんぶんか
【中:Shan xi long shan wen hua
新石器時代>陝西龍山文化

 陝西龍山文化(B.C.2300~B.C.2000)
 1956年、総称としての龍山文化から分けて命名されました。1955年に陝西省西安市客省庄が発見され、客省庄二期文化・客省庄文化とも呼ばれます。西安客省庄遺跡・斗門鎮遺跡・米家崖遺跡・長楽坡遺跡・趙家湾遺跡・岐山双庵遺跡・興平張耳村遺跡・武功趙家来遺跡など、渭河・涇河流域に分布しています。
 分業により、農作技術や生産工具が改良され、建築技術も向上しました。土器の多くは泥質の灰陶で、籃紋・縄紋が見られ、三足器の鬲・斝も発達しました。余剰生産品がうまれ、私有財産制が芽生え、貧富の差が生じ、階級が出現しました。
 陝西龍山文化は斉家文化と密接な関係(中国科学院考古研究所『澧西発掘報告』1963 文物出版社)にあります。
 西安客省庄遺跡は、陝西省西安市西南20㎞の河西岸から発見されました。1933年に一帯を考古調査し、1955年中国科学院考古研究所王伯洪が発掘(中国科学院考古研究所『澧西発掘報告』)しました。
 土器の多くは籃紋の灰陶で、三足器が発達します。花園村からは、文字・符号の刻された骨片が出土しました。
 最下層は仰韶文化で、土器は紅地黒彩と白地赭彩の弧綫円点紋彩陶です。
 陝西龍山文化層から、10座の竪穴式房址が発見されました。農耕具の穿穴のある長方形の石刀や、陶器などが出土しました。土器の多くは籃紋の灰陶で、三足器が発達しました。羊の肩胛骨の占卜も見つかりました。 
<陶寺文化>
 陶寺遺址(B.C.2500~B.C.1900)は、山西省襄汾件陶寺村南から発見され、面積は約300 万㎡です。1978~1983年、中国社会科学院考古研究所が面積6000㎡を発掘しました。陝西龍山文化陶寺類型の主要な遺址で、廟底溝二期文化と戦国・漢代・金・元の遺址も出土しました。
 陶寺類型早期は廟底溝二期文化を継承し発展しました。土器は夾砂灰陶と泥質灰陶が主で、夾砂褐陶・泥質黒陶も見つかりました。彩絵蟠龍図形陶盤は、中原地区の蟠龍図形の最早標本です。彩り豊かで美しい彩絵陶器で、出土状況から判断して一種の礼器と思われます。龍紋は氏族・部族の標記で、殷周青銅器の花紋に近似しています。
 玉・石礼器と装飾品の磬・鉞・環・琮などと、銅器も出土しました 。出所:小林松篁

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.