考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

広口碗(ガラス)2007.06.24更新

広口碗(ガラス)

【和:ひろくちわん
【中:Guang kou wan
明・清|石器・ガラス>広口碗(ガラス)

藍玻璃碗
清時代
口径4cm 高さ2.5cm
伝世品
遼寧省博物館蔵
外壁は深藍色、内壁は浅藍色、半透明。広口、斜弧腹、低い圏足がつく。底部は内側にへこんでいる。内外二層の違う色のガラス材料を吹き、重ねあわせている。一般にこれを`套料″と呼んでいる。中国製。出所:「中国の金銀ガラス展」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.