考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

章懐太子墓 2007.07.28更新

章懐太子墓

【和:しょうかいたいしぼ
【中:Zhang huai tai zi mu
隋・唐・五代|建造物・遺跡>章懐太子墓


陝西省乾県
章懐太子李賢(654~684)は高宗と則天武后の第2子である。則天武后の怒りにふれて死を賜い、のちに乾陵(高宗と則天武后の陵墓)に陪葬された。1971年~1972年の発掘で、墓道・過洞・天丼・甬道・前室・後室によって構成された墓葬内部が明らかになり、多くの壁画が発見された。なかでも長さ71mの墓道の壁に描かれた客使図・馬球図は有名である。また甬道と前室には多くの宮女図が描かれていた。出所:「世界四大文明・中国文明展」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.