考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

十二生肖陶俑 2007.07.28更新

十二生肖陶俑

【和:じゅうにせいしょうとうよう
【中:Shi er sheng xiao tao yong
隋・唐・五代|陶磁器>十二生肖陶俑


1955年西安市韓森寨出土
陶製
高さ36.5~42.5cm 
中国歴史博物館
十二支俑は人身獣首で、広袖の袍を着ている。動物の首は長く、頭部は人間的にデフォルメされている。出土時は12体の俑が北から順に東南西へ並べられ、子(オaずみ)と午(うま)が南北にくるよう墓内に配置されていた。この墓の被葬者は745(天宝4)年に没した雷氏の妻、宋氏である。十二支俑を理葬する習慣は隋代にはじまり、唐代では十二支の身体が人身で表されるようになり、壁画にも見られる。各方角に十二支俑を設置することで、邪気の進入を防ぐ役割を果たしていた。朝鮮半島の新羅や、奈良の那富山墓(聖武天皇太子墓)からも人頭獣高の十二支が出土している。出所:「世界四大文明・中国文明展」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.