考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

黄宗義墓 2007.07.30更新

黄宗義墓

【和:こうそうぎぼ
【中:Huang zhong xi mu
明・清|建造物・遺跡・墓|歴史人物>黄宗義墓

余姚市陸埠鎮化安山にある。黄宗義(1610~95)は, 『明夷待訪録』で知られる明末清初の思想家・史学者である。浙江省余姚県の出身で,号は梨洲,父親の黄尊素は明朝の高官であったが,宦官魏忠賢のために獄死した。黄は明が滅ぶと,郷里の若者を組織して清に抵抗し,1649年には援軍を求めて日本の長崎まで来た。のち清朝に出仕を請われたが,拒絶し,郷里で学問・教育に没頭した。 ・
質朴を旨とした黄の遺言により,遺体は棺を使わずに埋葬された。現在の墓は1981年に修復されたもので,墓の前の墓碑には「黄公梨洲先生室」の文字が刻まれている。出所:『中国の歴史散歩3』

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.