考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

牛河梁遺跡 2007年09月29日(土)更新

牛河梁遺跡

【和:ぎゅうがりょういせき
【中:Niu he liang yi ji
新石器時代|建造物・遺跡・墓>牛河梁遺跡

前4000年頃から前3000年頃にかけて、遼寧省西部から内蒙古自治区東南部に見られた紅山文化を代表する遺跡の1つ。紅白文化の担い手は、アワの栽培と採集、狩猟などによって食料を得ていた。牛河梁と呼ばれる地域は、遼寧省建平県と凌源県にまたがる標高600~650mの丘陵地帯にある。この一帯には、神殿、祭壇と墓があり、紅山文化の一大宗教センターであったと考えられる。墓は、人工の盛土の周囲に石を積み上げたもので、その上に板石を組み合わせた棺を造り、死者を葬った。一部の墓からは玉器が発見されており、もっとも多い墓では20点を数える。玉器を身に着けたのは、特殊な身分の人々であったと考えられる。ただ、玉器を供えた墓からは、富や武力を示すような副葬品は発見されていない。このことから被葬者は政治的権力者というよりも、宗教的指導者であったと考えられる。写真は、今回展示される玉器が発見された時の状況である。出所:「中国国宝展」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.