考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

萊子侯刻石 2007年10月26日(金)更新

?子侯刻石

【和:らいしこうこくせき
【中:Jia zi hou ke shi
秦・漢・三国|彫刻・書画>萊子侯刻石

新・天鳳3年(16)
39.4×45.5cm
 これも古隷の部類に入る刻石で、嘉慶22年(1817)に発見され、山東省鄒県の孟子廟に現存する。王莽の新国の遺物で、最初の年号「始建国」と次の「天鳳」とが並記されている。文字は七行、毎行五字。刻は精巧でないが筆路がよく見え、細いが素朴な力強さやゆったりと大きなスケールを感得することができる。清の楊守敬は「現存する漢隷中、最古にして最高である」と激賞している。出所:「書の歴史」

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.