考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

木柄玉石飾佛手柑如意  2008年02月14(木)更新

木柄玉石飾佛手柑如意

【和:きがらぎょくせきしょくぶつしゅかん
【中:Mu bing yu shi shi fo shou gan ru yi
明・清|金銀・玉器>木柄玉石飾佛手柑如意

長42cm
 如意は清代に製作されたものが多い。吉祥や吉兆をかたどっているところから、宮廷生活では特に珍重され、宝座の傍や寝宮の机の上にはかならず如意がおかれていた。また一種の贈答品としてもつかわれ、毎年の皇帝、皇后の誕生祝、冬至、元旦の進物として王公大臣は如意を献上し、皇帝は功績のあった臣下に如意を下賜したりもした。
如意は吉祥のしるしであるだけではなく、素材として金、翡翠、水晶など高価なものを用いており、それだけでも十分に珍貴であった。如意には多様な文様が彫刻あるいは嵌め込みで配されており、その大半が吉祥図案である霊芝、隣乳佛手柑、蝙幅、石榴である。これらは長寿、幸福、多子をあらわしている。
この如意は、木製の本体のうえに玉を彫刻をした石榴と佛手柑を嵌め込み、象牙を染めてつくった葉をつけている。豊かにみのった果実とさかんな葉のしげりは新鮮な調和をみせ、製作にあたった工匠の技術を作風と感覚の両面でみせている。高雅にして富貴な作品である。出所:北京「故宮博物院展・紫禁城の宮廷芸術」1985-85

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.