考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

画琺瑯五蝠棒寿九子盒   2008年02月21(木)更新

画琺瑯五蝠棒寿九子盒

【和:えほうろうごふくぼうじゅきゅうしごう
【中:Hua fa lang wu fu bang shou jiu zi he
明・清|陶磁器>画琺瑯五蝠棒寿九子盒

乾隆期 
高11cm 径34.5cm
 盒の外側は青色の釉による琺瑯地に多種の吉祥図案を絵付けして飾っている。蓋の中央に金色で寿字を丸くかき、その周囲を彩絵により五羽の蝙蝠がかこむ形で描かれているところから、「五蝠捧寿」の名がある。二本の浅い水色の花文帯で区切られた部分には蓮華唐草文を配して、それぞれの蓮花のうえに金色で法螺貝、法輪、宝傘、花蓋、蓮花、宝瓶、双魚、盤長の八宝図案を描き吉祥を示している。蓋の周囲と身の周囲には菱形をした蓮華唐草文をおき、そのなかに魚鼓、宝剣、花籠、荷葉、瓢箪、団扇、陰陽板、雲板を金描している。これは八仙が渡海するときの持物で八人の神仙をあらわす「暗八仙」ともよばれる図案である。
食の内側は、全体にうす水色の釉がかけられ「九子」を意味する九個の画琺瑯による小盤が納められている。
清代の画琺瑯の主な産地は広州と北京であった。この九子盒は清代中期、広州の画琺瑯工匠によって作られた、宮中の誕生日祝典のための献上品である。出所:北京「故宮博物院展・紫禁城の宮廷芸術」1985-85

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.