考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

中村 圭爾(なかむらけいじ)2008.08.09更新

中村 圭爾(なかむらけいじ) 

現在:大阪市立大学大学院文学研究科教授・大阪市立大学副学長
研究者>中村 圭爾(なかむらけいじ)
1946年6月3日和歌山県に生まれる
1972年3月 大阪市立大学大学院文学研究科修士課程東洋史学専攻修了
1973年3月 大阪市立大学大学院文学研究科博士課程東洋史学専攻退学
1973年4月 大阪市立大学文学部助手
1976年4月 大阪市立大学文学部講師
1981年4月 大阪市立大学文学部助教授
1993年4月 大阪市立大学文学部教授
2001年4月 大阪市立大学大学院文学研究科教授
2006年4月 大阪市立大学副学長,現在に至る

研究テーマ・分野

正規の授業科目である東洋史学研究・演習で、文献(本年は『史通』)の精読をおこない、また吐魯番出土文書、および長沙走馬楼呉簡の研究会を定期的に開いて、新出史料に対する認識を深める一方、大学院学生の研究発表会において、各自の日常の研究成果を相互に批評しあっている。

主要業績

「建康と三呉地方」(唐代史研究会編『中国の都市と農村』汲古書院 1992.7) 
「南朝戸籍に関する二問題」(『人文研究』大阪市立大学文学部 44-12 1992.12) 
「六朝貴族制論」(谷川道雄編『戦後日本の中国史論争』河合文化教育研究所 1993.1) 
「江南六朝墓出土陶瓷の一考察」(礪波護編『中国中世の文物』京都大学人文科学研究所 1993.3) 
「晋南朝律令と身分制」(『堀敏一先生古稀記念 中国古代の国家と民衆』汲古書院1995.3) 
「六朝史と「地域社会」」(中国中世史研究会編『中国中世史 続編』京都大学学術出版社 1995.12) 
「六朝貴族制と官僚制」(『魏晋南北朝隋唐時代史の基本問題』汲古書院 1997.6) 
「晋南北朝における符」(『人文研究』大阪市立大学文学部 49-6 1997.12) 
「南朝国家論」(『岩波講座世界歴史』9 岩波書店 1999.1) 
「南朝政権と南徐州社会」(唐代史研究会編『東アジアにおける国家と地域』刀水書房 1999.7) 
「三国両晋における文書「啓」の成立と展開」(『古代文化』51-10 1999.10) 
「東晋南朝期における豫州・南豫州について」(『人文研究』53-2 2001.12) 
「「風聞」の世界―六朝における世論と体制―」(『東洋史研究』61-1 2002.6) 
「貴族制社会的血縁与地縁関係的歴史特性」(『人文論叢』2002年版,武漢大学 2003.11) 
「建康における伝統と革新」(『東洋史論叢』別冊特集号 2005.3) 
「陳の「用官式」とその歴史的意義」(『東洋史論叢』14 2005.3) 

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.