考古用語辞典 A-Words

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

螺鈿紫檀阮咸(模造)     2008年07月08日(火)更新

螺鈿紫檀阮咸(模造)
【和:「らでんしたんげんかん
【中:「Luo tian zi tan ruan xian
隋・唐・五代|彫刻・書画>螺鈿紫檀阮咸(模造)

紫檀、螺鈿
長101.8cm、幅38.5
原品:唐または奈良時代・8世紀(模造:明治32年(1899)制作)
原品:正倉院宝物(模造:東京国立博物館)
  阮咸は円形で平らな胴に長い棹をもつ四弦楽器。中国晋時代の竹林七賢の1人、阮咸がこれを愛好したことから、その名をとって呼ばれるようになった。
この阮咸の原品は、天平勝宝8年(756)の『東大寺献物帳』に「螺鈿紫檀阮咸一面緑地画捍撥納紫綾袋浅緑臈纈」とあるものにあたり、主に紫檀材をもって作り、螺鈿で賑やかに飾り、胴の中央に緑青地に樹下人物を描いた革製円形の撥受けを貼る。描かれた人物のうち女性の1人は阮咸を弾いており、正倉院宝物中にはこの他にも「螺鈿紫檀五絃琵琶」や「金銀平文琴」など、楽器にそれを演奏する人物を描く例がみられる。
胴の背面には、中央に複雑な唐花を据え、そのまわりに瓔珞を銜えた一双の鸚鵡を螺鈿で表わす。螺鈿は羽などの細部を精細な毛彫りで表しており、花心や翼の一部など随所に朱や緑青の伏彩色を施し、琥珀や玳帽を嵌める。このような手法は、「螺鈿花鳥文八花鏡」のような出土した唐時代の螺鈿器にも通じる。またこの阮咸にみられる精巧かつ華麗な装飾は、華やかな正倉院宝物として有名な「螺鈿紫檀五絃琵琶」と双璧をなすものである。出所:『遣唐使と唐の美術』

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.