考古用語辞典 A-Words

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

褐釉梅瓶  2008年08月02日(土)更新

褐釉梅瓶
【和:かつゆうめいぴん
【中:He you mei ping
宋・遼・金・元|陶磁器>褐釉梅瓶

磁川窯 
宋((960-1279)
高さ:41.9cm 口径:3.5cm 底径:10.8cm
北京故宮博物院蔵
  小さな口部、短い頸部、高台、細長い胴部からなる。褐釉が施され、底裏は釉を施していない。全体に四つの文様が表わされ、肩部と胴部は忍冬唐草文、胴部の下半部は幾何学文が施されている。宋代の陶磁器は多種多彩であり、一定の規格にとらわれていない。特に民間では伝統を受け継いで新たな創造を加えるだけではなく、伝統的な様式を別の表現に置きかえ、異彩を放つ新鮮な造形性をも追求した。例えばこの瓶の褐釉は本来は青磁釉であったが、焼成の過程で釉薬中の鉄の合有量が増加した結果、色が変化して褐色となったもので、技術的に新たな展開がなされたともいえよう。この瓶には素朴な自然体の美しさがあり、宋代民間工芸の闊達自在な気質をよく表わしている。出所:北京・故宮博物館名宝展-紫禁城と中国4000年の美の秘宝

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.