考古用語辞典 A-Words

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

山水人物図  2008年08月05日(火)更新

山水人物図
【和:さんすいじんぶつず
【中:Shan shui ren wu tu
明・清|彫刻・書画>山水人物図

文徴明(1470-1559)
明(1368-1644)
紙本墨画淡彩,掛幅装
330.5×101.5cm
北京故宮物院蔵
 文徴明は、初名は壁、字を徴明といい、のち字で呼ばれるようになり、さらに字を徴仲とした。長州(江蘇省蘇州の人。かつて翰林待詔(文学研究を行う官職)を授かったが、のち辞して帰郷した。書画に秀で、山水、人物、花鳥画を得意とする一方、文学者としても知られる。彼は絵を元代の画家に学び、とりわけ趙孟頫や王蒙の絵に対しては「神会意解」(魂で通じ合うものがある)という。澄んだ潤いのある細やかな筆触で江南地方の山川樹木を描き、若い頃の繊細な筆法とは対照的に、壮年期には筆使いが粗放になるが、秀麗優美な画風を失うことはなかった。「呉門四大家」の一人。この図は細密描写的な筆法で険しい山峰や高い松、山中に生い茂る木々が描かれ、それらが画面全体を覆っている。麓には湖水があり、水辺には高士が一人見え、もう一人書巻を抱いて歩いて来るものがいる。松は細筆で輪郭し、山石や遠景の樹木は意のままにこまごまと描きこんでいるが、深緑のしげみなど生動感がある。画面全体を埋め尽くす構図は力にあふれ、彼の作品としては稀に見る大作である。自賛の七言絶句「碧樹蔭風を鳴らし、潤草香し。清蔭地を満たし、昼偏へに長し。長安の車馬、塵明の面誰か識る空山五月の涼を。」が画中にあり、落款は「徴明」、印は「文徴明印」(白文方印)、「衡山」(朱文方印)。画面の下左右の隅に「紗吉祥」、「秀水朱氏潜采堂図書」などの方印3類がある。出所:北京・故宮博物院名宝展-紫禁城と中国4000年の美の秘宝

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.