考古用語辞典 A-Words

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

梁武帝  2008年08月10日(日)更新

梁武帝
【和:りょうぶてい
【中:Liang wu di
晋・南北朝|歴史人物>梁武帝

464~549年
 蕭衍、字は叔達。梁の初代皇帝・武帝である。南朝の皇帝のなかで最も長い四八年の在位で、安定した治世だったことで知られる。残虐だったり無能だったりする皇帝が多い南朝のなかでは、ひときわ名君として名高い。
四七九年に始まった南斉は、五〇一年までの短期王朝だった。皇帝は蕭道成(高帝)から五代まで続いたが、まともなのは高帝と息子の武帝だけだった。四九八年、東昏侯(愚かな東の侯爵、という意味)が帝位についた。殺戮が趣味であるかのように、この皇帝は殺しまくった。朝廷の重臣たちも次々と殺され、蕭衍の兄も犠牲となつた。ここにいたり、ついに蕭衍は決起した。東昏侯を倒すと、その異母弟を皇帝に擁立(和帝)。そして、その和帝から帝位を譲られるかたちで、梁を建国し、皇帝となったのである。五〇二年のことだった。
武帝はその姓が示すように、斉を建国した蕭の一族である。本来ならば、同姓の国を滅ぼすのは、よくない行為だし、彼がいつ皇帝になろうという野心を抱いたかは、よく分からない。ともあれ、南斉末期があまりにもひどかつたので、彼の行動も支持されたのである。殺さなければ殺される。そんな時代だったのだ。
武帝は文武両道のオ能があり、邸宅には多くの文化人・教養人が招かれていた。仏教に熱心で、僧侶以上に修行をしたともいう。功績のひとつとして、国立の大学を設立し、 一般の秀才にも入学を許可し、それとともに国家試験に合格すれば、家柄に関係なく、高級官吏として採用する制度を作った。後に、「科挙」として知られる試験の先駆けである。武帝は自分が能力があったので、実力主義だった。試験を重視したのも、それゆえである。だが、この人事政策は庶民からは支持されたかもしれないが、門閥に頼って出世してきた貴族階級からは反感を買った。
この時代、経済も飛躍的に発展した。だが、それは貧官の格差も生んだ。富裕階層は浪費しまくり、その一方で、貧農は流浪し、世情不安の一因となつた。 
華北を北魏が統一したのは四三九年で、それから約百年たった五三五年、その北魏は東西に分裂した。
これが梁に大きな影響を与えた。五四七年、東魏の将軍・侯景が、自分が制圧している一三の州をもって、梁に帰属したいと投降してきたのである。重臣のなかには反対する者もいたが、何もせずに一三州が手に入るわけだから、武帝はそれを受け入れた。当然、東魏は裏切った侯景討伐軍を出した。梁は武帝の甥の蕭淵明を司令官とする援軍を派遣したが、惨敗。蕭淵明は捕虜になってしまった。侯景もほとんどの軍勢を失った。
一年後、東魏に囚われの身となっている蕭淵明から、東魏は梁と和平を結びたいと考えているとの使いが来た。これを知って、侯景は焦った。自分の首を差し出すことが和平の条件ではないかと疑ったのだ。侯景は先手を打つことにし、反乱を起こした。侯景の軍勢は、 一気に主都・建康(いまの南京)を襲い、油断していた朝廷は宮城に立てこもるしかなかった。
勢いに乗る反乱軍は、いつのまにか一〇万もの大軍となり、宮城を包囲。食糧も尽き、城は陥落した。八六歳になっていた武帝は幽閉されてしまう。
だが、そのとき武帝は決して怒らず、反逆者に向かい、「さぞ疲れたであろう」という余裕と威厳を見せたという。武帝は幽閉されて三ヵ月後に亡くなった。皇太子・蕭綱が帝位についた(簡文帝)が、侯景に殺されてしまった。
だが、その侯景も五五二年に討ち取られる。梁は、その子たちが次々と帝位については殺され、結局、五五七年、武帝の九男の敬帝が、陳覇先に帝位を譲るかたちで、梁王朝は終わった。
梁から帝位を奪い、陳を建国した陳覇先は、宋を建国した劉裕のように貧しい家に生まれた。村役場に勤務し、油の倉庫番をした後、侯爵の使い走りになった。社会の最下層から皇帝にまで成り上がったのである。その侯爵が、軍の長官に栄転したのに合わせ、陳覇先も出世し、軍の中で実力を発揮しだし、注目され、朝廷にも影響力をもつまでになつたのである。
皇帝にまで上りつめたものの、陳覇先は即位して二年で亡くなつた(武帝)。甥が後を継ぐが(文帝)、それも短命で、その子が三代目となるが、 一六歳と若かったこともあり、叔父(文帝の弟)にあたる宣帝に退位させられてしまう。その宣帝は五八二年に亡くなり、その子の後主(皇帝に即位はするが、諡号に「帝」はないが即位した。これが最後の皇帝となる。後主は遊興にふけり、政務は宦官にまかせたので、国は乱れた。北を統一し南下してきた隋は、陳の都を攻撃するにあたり、後主の過失を並べたてたビラを三〇万枚配り、人々に、陳の皇帝に「天命」はないことを納得させたという。陳王朝は、五八九年、攻撃してきた隋の前に滅亡した。三三年しかもたなかつた。こうして、三一七年に始まる南朝は、終わつた。出所:『覇王列伝』大陸の興亡編

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.