考古用語辞典 A-Words

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

張飛  2008年08月14日(木)更新

張飛
【和:ちょうひ
【中:Tong hu di lou
秦・漢・三国|歴史人物>張飛

 中国、三国時代の蜀の武将。張飛(167?~221年)は、現在の河北省菘州の人で、三国時代に蜀漢に仕えた。『三国志演義』において劉備、関羽と桃園の誓いを交わし、蜀漢「五虎大将軍」のうち二番目の大将であった。劉備、関羽と共に虎牢関で呂布と戦いを交え、長坂橋では一喝しただけで曹操軍を食い止めた。劉備が帝位に就くと車騎将軍に任じられ、西郷侯に封じられた。221年、関羽の仇を討つために劉備とともに呉へ向けて挙兵するが、出発前に酔っ払って部下を鞭打ち、配下の部将である范疆と張達に襲われて命を落とす。
徐州の留守を任された張飛は部将たちと酒を飲み、娘婿の呂布の威を笠に着た曹豹を殴ってしまう。曹豹は張飛が酔っ払った隙を見て呂布に徐州城を明け渡し、張飛は城を捨てて逃げ出す。
『三国志・張飛伝』に、「君子は敬愛するが、小人(身分の低い人)には憐れみを持たず、日ごと健児(兵士たち)を鞭打つ」という張飛の欠点が指摘されている。後世の作家たちの多くが、この欠点をもとに張飛の無鉄砲な性格を描いている。

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.