考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

仏伝図断片(諸獣誕生)  2008年09月30日(火)更新

仏伝図断片(諸獣誕生)
【和:ぶつでんずだんぺん
【中:Fo zhuan tu duan pian
隋・唐・五代|彫刻・書画>仏伝図断片(諸獣誕生)

絹本着色
上部 縦18.0 横19.0
下部 縦24.0 横20.0
中唐~晩唐
大英博物館
 悉達多太子が誕生した日に五百の諸獣が同時に誕生した物語を表す仏伝図幡の断片である。この主題を表す作例としては、第十七窟(蔵経洞)将来の作品中、唯一のものである。不透明な白色の顔料を用いることと、単純な風景描写で異なる場面を分割することによって特徴づけられる仏伝図幡のシリーズがあるが、これはそのなかの一つである。上段には小羊に乳を飲ませる羊、中段には小牛の頭を舐める牛が描かれるが、唐時代の衣装を着けた女性がその牛の乳を搾っている。下段では雌馬が小馬に乳を飲ませているが、この小馬はカンタカかもしれない。これらの上方には、また別の場面が描かれていたものと考えられる。出所:『砂漠の美術館-永遠なる敦煌』中国敦煌研究院設立50周年記念

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.