考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

安世高  2008年10月02日(木)更新

安世高
【和:あんせいこう
【中:An Shigao
秦・漢・三国|歴史人物>安世高

後漢
(生没年不詳)
  後漢末の訳経僧。安息国(パルテイア)の人。名は清、世高は字。もと安息国の太子。叔父に王位を譲り出家。148年から洛陽で仏教の経典の翻訳に専念、170年までに34部40巻を訳した。 とくに小乗の経典に詳しく、訳した『安般守意』『陰持入』などは座禅の法を紹介し、後世の禅宗に大きく影響を与えた。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.