考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

永泰公主  2008年10月02日(木)更新

永泰公主
【和:えいたいこうしゅ
【中:Yongtai Gongzhu
隋・唐・五代|歴史人物>永泰公主


唐代
(684-701)
  唐第4代の皇帝中宗の七女。名は仙蕙。郡主として武延基に嫁いだが、70歳になった武則天と美少年の張易之・張昌宗兄弟との関係をうわさしたため、殺された。中宗復位後、永泰公主と諡され、乾陵に陪葬された。
その墓(陝西省乾県)は1960年-62年に発掘され、おびただしい副葬品と貴重な壁画が発見された。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.