考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王延徳  2008年10月03日(金)更新

王延徳
【和:おうえんとく
【中:Wang Yande
宋・遼・金・元|歴史人物>王延徳


(939-1006)
  北宋初期の廷臣。大名(河北省)の人。旅行記『高昌行紀(西州程記)』を著した。981年太宗の命を受けて高昌国(新彊トルファン)に行き、984年帰国後に書いたこの書は伝存しないが、その一部が『宋史』『文献通考』などの文献に引用されており、10世紀の中央アジア状勢を知る貴重な資料である。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.