考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王夫之  2008年10月04日(土)更新

王夫之
【和:おうふうし
【中:Wang Fuzhi
明・清|歴史人物>王夫之


王夫之(1619-92)
  明末清初の思想家。衡陽(湖南省)の人。字は而農、号は薑斎。晩年は故郷の石船山に隠遁、船山を号した。反清運動に参加。のち40年間、明の滅亡に ついて反省し、陽明学・朱子学に非があると認識、気の哲学を提唱し唯物論を展開した。史論『読通鑑論』『宋論』、政治論『黄書』、哲学論『周易外伝』『尚書引義』がある。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.