考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

王蒙  2008年10月04日(土)更新

王蒙
【和:おうもう
【中:Wang Meng
宋・遼・金・元|歴史人物>王蒙


(1308-85)
  元末の画家。呉興(浙江省)の人。字は叔明、一時兵乱で黄鶴山に隠棲したため、黄鶴山樵を号した。趙孟頫の外孫。明にも仕えたが、胡惟庸の獄に連座して獄死。祖父に学び、巨然らの画風を継ぎ、山水画を得意とする。南宗画大成者の一人。元末四大家の一人にも数え負れる。作品に『湘江煙雨図』『深林畳嶂図』、詩集に『草堂雅集』がある。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.