考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

欧陽脩  2008年10月04日(土)更新

欧陽脩
【和:おうようしゅう
【中:Ouyang Xiu
宋・遼・金・元|歴史人物>欧陽脩

北宋
(1007-72)
  北宋の文章家。(江西省)の人。号は酔翁、六一居士。古文派の唐宋八大家の一人。文壇の領袖として文学の革新運動を推進、平明質素な作風をもって散文文体を一新した。「朋党論」が有名。『新唐書』『新五代史』も編纂。政治家として参知政事(副宰相)までに至ったことも、その影響力をいっそう大きくした一因である。唐宋八家の一人である欧陽脩(おうようしゅう・1007-1072)である。 博学で群書をきわめ、史に精通した彼は、北宋中期の文壇の領袖(りょうしゅう) と目されていて、その文は清の沈徳潜(しんとくせん)の撰になる唐宋八家文読本(とうそうはっかぶんとくほん)にもおさめられている。 子どもの頃は家が貧しく、母親は地面に字を書いて教えたそうだが、生まれながらにして聡明で、読書すればそのまま暗誦できたそうである。揚州の*刺史(しし)も歴任しているので、大明寺との縁も生じたのであろうか。出所:中国

関連情報

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.