考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

五彩金襴手 花鳥文 瓢形瓶  2008年10月05日(日)更新

五彩金襴手 花鳥文 瓢形瓶
【和:ごさいきんらんで かちょうもん ひょうけいへい
【中:Wucaijinlanshou huaniaowen piaoxingping
明・清|陶磁器>五彩金襴手 花鳥文 瓢形瓶

明時代・16世紀 
景徳鎮窯 
高55.8㎝ 
個人蔵
 金襴手とは五彩(色絵)磁器に金彩を焼き付ける技法とその作品に対する日本独自の呼称です。もともと明時代の嘉靖年間に景徳鎮の民窯でつくられ、日本にもたらされた作品を金襴手と呼んでいました。織物の金襴に由来する名称といわれています。日本には金襴手の優品が数多く伝世していますが、この作品は金襴手の瓢形瓶としては最大級のもので、さらにその華麗で精緻な文様表現など金襴手中の名品の一つです。胴下部には孔雀、鹿、鶴などの吉祥の鳥や動物が対で描かれています。瓢箪は仙人のシンボルの一つでもあり、この中に入れた酒はさぞかし美味であったことでしょう。

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.