考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

澱青釉紅斑杯  2008年10月05日(日)更新

澱青釉紅斑杯
【和:でんせいゆうこうはん はい
【中:Dian qing you hong ban bei
宋・遼・金・元|陶磁器>澱青釉紅斑杯

金時代・12~13世紀 
鈞窯 
高9.0㎝
 鈞窯は宋時代に始まります。青みを帯びた失透性の釉に銅呈色の紅紫の斑文が入った碗です。このような釉を澱青釉と呼んでいます。抽象的な文様がその特色です。鈞窯の窯は河南省の禹(う)県(けん)が中心ですが、華北の各地の窯でも焼成されています。

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.