考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

岳飛  2008年10月05日(日)更新

岳飛
【和:がくひ
【中:Yue Fei
宋・遼・金・元|歴史人物>岳飛

南宋
(1103-42)
 南宋の武将。相州湯陰(河南省)の人。字は鵬挙。農家の出だが、母の精忠報国の教えを肝に銘じ金軍を連破した武名の高い民族英雄である。和議派の宰相奏檜に無実の罪で処刑された。のちに鄂王に追封され、岳王廟に祀られた。関羽とともに後世の人に忠義の神様として尊崇されてきた。彼の書いた愛国の詞『満江紅』が今なお人口に膾炙する。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.