考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

寒山・拾得  2008年10月07日(火)更新

寒山・拾得
【和:かんざん・じっとく
【中:Hanshan,Shide
隋・唐・五代|歴史人物>寒山・拾得


(生没年不詳)
  唐の詩僧。代宗の時の人という。寒山は始豊県の寒岩(浙江省天台県西南)に住んだため、寒山子と号した。国清寺の拾得と親交があり、二人とも詩禅一如の生活を送って、平明・脱俗な詩で世俗を諷刺し、山林の幽趣を謳った。その伝説的な奇行も広く伝えられ、禅画・文芸の題材となった。『寒山子詩集』『寒山拾得詩』がある。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.