考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

魏源  2008年10月09日(木)更新

魏源
【和:ぎげん
【中:Wei Yuan
明・清|歴史人物>魏源


(1794-1857)
 清後期の思想家。邵陽(湖南省)の人。字は黙深。各州知事を歴任。アヘン戦争、太平天国鎮圧を経験する。今文学派を継承し、経世致用を主張。軍事史書『聖武記』、そして林則徐編の西洋歴史地理資料『四州志』などをもとに『海国図志』を著述、西洋の進出に対抗するために人心を一新、人材を育成、さらに西洋の長所も学ぶよう力説した。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.