考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

魏徴  2008年10月09日(木)更新

魏徴
【和:ぎちょぅ
【中:Wei Zheng
隋・唐・五代|歴史人物>魏徴


(580-643)
 唐初の政治家。館陶郡(河北省館陶)の人。字は玄成。もとは道士。隋末、李密の瓦崗軍に加わったが、のち唐に帰順した。玄武門の変後、太宗に仕えて諌議大夫となり、諌臣として聞えた。その言論は『貞観政要』に見られる。また、南北朝・隋の正史の編纂に関与、隋史の序論、梁・陳・斉各史の総論を著して良史と称された。詩『述懐』がある。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.