考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

許慎  2008年10月09日(木)更新

許慎
【和:きょしん
【中:Xu Shen
秦・漢・三国|歴史人物>許慎

後漢
(30頃ー124頃)
 後漢の学者。汝南郡召陵県(河南省郾城県東)の人。字は叔重。賈逵に師事して古文経学を勉強。その著『五経異義』『淮南鴻烈解詁』などは散逸したが、『説文解字』が今日まで残っている。これは漢字の形・音・意味を体系的に説いた最初の字書で、中国文字学の基礎を築いた。また現在使われている辞書の部首検字法もこれに基づいている。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.