考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力

 

      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

巨然  2008年10月10日(金)更新

巨然
【和:きょねん
【中:Ju Ran
隋・唐・五代|歴史人物>巨然

五代
(生没年不詳)
  五代宋初の画僧。江寧(江蘇省南京)の人。10世紀に活躍。開元寺で修行。師董源の画風を継ぎながら独自の境地をひらく。董と合せて董巨とよばれる。江南風景画を主とし、よく林麓の間において松柏や卵石を描く。南唐の滅亡後、北宋の都汴京(河南省開封)の開宝寺に移り、学士院の壁画『煙嵐暁景』を創作。作品にはほかに『秋山問道図』『層崖叢樹図』『万壑松風図』がある。出所:中国

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.