考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

故宮 2008年12月19日更新

故宮
【和:こきゅう
【中:Gugong
明・清|面白テーマ|>故宮

1406に造営され、「紫禁城」とも呼ばれる。明・清代の皇宮で、世界最大の宮殿建築群でもある。敷地面積は72万m2(長さ960m、幅750m)、建築面積は15万m2。設計者は蒯祥(1398~1481年)で、30万人の労働力が14年間費やして造営し、部屋の数は9999.半間を教える。主な建築物は太和殿、中和殿、保和殿。紫禁城城壁の四隅に「角楼」と呼ばれる美しい楼閣が建つ。
故宮は南北中軸線を中心に、太和殿など主要官殿が中軸線上にあり、その他の建物が中軸線の両側に対称的に立ち並び、建築群が上と従がはっきりしており、前後が呼応し、左右が対称的で、整然としている。
1987年12月、故宮は国連ユネスコの「世界文化遺産」に登録された。
◎御花園
御花園は別名宮後苑。明の永楽18年(1420年)に造られた典型的な皇家庭園。坤寧官の北側にあり、建築物を主体とした「官延式花園」である。御花園は東西の長さ130m、南北の幅90m、敷地面積約1.17万㎡。宮殿は主要的なものと副次的なものが互いに補い合い、左右対称に配置され、山石、樹木が建物と庭園内の景物を引き立て、配置が整然とし、建物が華麗で、厳かで整然とした雰囲気の中に変化を求め、皇家の雰囲気があふれている。御花国内には松やコノテガシワが連なった連理樹が10余本生えている。天一門に最も有名な連理樹があり、生い茂る2本のコノテガシワの幹がくっつきあっている。
○鉄安殿
御花園の中央の北にあり、園内の主要建築物で、御花園を東西二つの部分に分けている。約20の異なる風格の建物が東西両側に対称的に建てられている。精巧な亭が国内にあることから、欽安殿の東西に対称的な建物があるものの、同時に目に入らず、そのため花園が広く見える。欽安殿の基礎は漢白玉を材料とする須弥座で、柱と板の上に描かれた竜と鳳凰の図案は造形の美しい明代の彫刻である。殿頂は平坦で、周りは4棟に囲まれている。殿内には道教の真武大帝が祭られている。
○堆秀山
欽安殿の北東に立つ堆秀山は、明の万暦年間(1573~1620年)にさまざまな太湖石を積み重ねて造られたものである。山の真ん中に石洞があり、左側の石に乾隆帝親筆の「雲根」という二字が刻まれている。山頂に御景亭があり、毎年の重陽節に、皇帝、皇后、妃たちがここに登って秋の景色を楽しみ、紫禁城と御花園の景色を眺めたという。欽安殿の裏の右側、御景亭の向かい側にある延暉閣は清末期の女官を選ぶ場所であつた。
○養性斎
御花園の西側にあり、明代に建てられ、建物の平面は「凹」形を呈し、向かい側の絳雪軒の「凸」形と鮮やかなコントラストを成している。 養性斎は前の山石で隠れ、上に回廊があり、環境が美しく、清の嘉慶、道光の二皇帝がよくここで憩いをとり、本を読み、イギリス人のジョンストン(荘士敦)がここでラスト・エンペラーの博儀に英語を教えた。
園内の東側の万春亭と西側の千秋亭も左右呼応の形を呈している。国内には1000mほどの小石を敷き詰めた遍路があり、五色の小石で三国志の物語、歴史劇の人物、花鳥などを題材とした図案が施され、精巧で生き生きとしている。 特色のある建物のほかに、国内に古樹と名樹があることで有名で、数百本の形の奇妙な古樹がある。これらの珍しい樹木と池で泳んでいる金魚から、豪華な宮殿群の中に斬新の庭園芸術の天地があることをうかがうことができる。
◎乾隆花園
寧寿宮花園とも呼ばれている。故宮の外東路の寧寿宮の西北側にあり、乾隆37年(1772年)に建てはじめられ、4年後に竣工した。乾隆帝は60年在位し、退位後は太上皇宮――寧寿官に住んだ。寧寿官のそばに花園があり、乾隆帝の晩年の憩いの場となったため、乾隆花園と呼ばれている。花園は南北の長さ160m、東丙の幅わずか37mで、敷地面積は5920㎡。乾隆花園は中国の庭園建築の中で独特な地位を占め、場所は狭いが、変化に富んでいる。山石、亭を主とし、築山は江南の手法が駆使され、道が曲がりくねり、洞が深く、亭が立ち、さまざまな景物が調和よく配され、空間が大きく見え、景物がそれぞれの芸術的効果をあげている。おごそかで単調な皇官の中で、ことのほか奥ゆかしく見え、今になっても人々から好評を受けている。乾隆花園の主要建築物は古華軒、禊賞亭、萃賞楼、遂初堂、碧螺亭、符望閣などである。その中の碧螺亭、萃賞楼、符望閣は一直線上にあり、建築空間で対比の技法が十分に駆使されている。遂初堂を境とし前後二つの庭に分けられている。大きさと形が似かよっているが、一つは明るく、つもう一つは山石が林立し、うす暗く、両者は雰囲気が異なり、対照的である。これは中国庭園の中で空間対比技法を駆使している代表作の一つである.
○ミニ知識
故宮の参観では多彩な建築芸術と皇家庭園を観賞するとともに室内に陳列されている貴重な文物も観賞することができる。統計データによると、故宮博物館には文物が105万2653点収蔵されており、唯一無二の国宝も多数ある。故宮を見学するには、天安門から入ることができれば、裏門の神武門から入ることもできる。天安門をくぐり、広場を進むと、故宮の正門――午門に到る。午門をくぐると、大きな広場があり、金水橋がかかっている。橋を渡って進むと、壮大な大和殿に着く。 太和殿、中和殿、保和殿を通って、乾清門を過ぎると内廷に入る。内延は中路、東路、西路の3本の道路がある。半日コースなら、時間的にきつく、3路のうちの1路しか見学できず、一般には中路にそって見学する。中路は、皇帝の寝室(乾清宮)、皇帝の印璽が置かれた場所(交泰殿)、皇帝の新婚の寝室(坤寧宮)、妃が居住した場所(一部が展示室になっている)と御花園を見学することができる。半日コースがあわただしいければ、1日コースをお勧めする。詳しく見学しようとするなら2日コースがよい。出所:中国の庭園
□観光サービス
交通:10、20、 101、103、 109路のバス、 トロリーバスを利用。
電話:8610-65132255
開放時間:08:30~17:00(シーズン)
     08:30~16:30(オフ・シーズン)
ホームベーン:WWW.dpm.com.cn
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.