考古用語辞典 A-Words

リニューアル

用語入力


      

時代別順

旧石器時代
新石器時代
神話時代
殷・周時代
春秋戦国
秦・漢・三国
晋・南北朝
隋・唐・五代
宋・遼・金・元
明・清

分野別順

基本用語
青銅器
陶磁器
金銀・玉器
石器・ガラス
彫刻・書画
絹・衣類
建造物・遺跡・墓
歴史名城
歴史人物
研究機関
研究者
面白テーマ

豫園 2008年12月20日更新

豫園
【和:ゆえん
【中:Yu yuan
明・清|面白テーマ|中国の庭園|>豫園

豫園は上海市の南東部の旧市街区にあり、明の嘉靖38年(1559年)に建てられ、全国重点文化財に指定されている。豫園は歴史上いくたの世の変転を経て、所有者が次々と変わり、何度も修繕が行われ、明の中菜以後の各時代の庭園の綜合芸術品となっている。今日の豫園は、楼閣が林立し、山水が映えあい、樹木が生い茂り、景色が大変美しい。
今の面積は2万㎡で、楼、堂、庁、榭、亭、廊、軒、壁、樹、石、池などの景観が48もあり、全国は5つの竜壁によって6区に分けられ、それぞれ特色を有している。豫園の表門を入ると、高くて広い「三穂堂」が目に入る。裏に二階建ての楼閣があり、上は「巻雨楼」、下は「仰山堂」と呼ばれている。これは豫園の山水の間に建てられた大きな楼閣で、大築山を観賞するのにもってこいのところである。
大築山は高い芸術的価値を持ち、有名な古代造園中門家の陳従周教授は「豫園の精華と言えば、第一に大築山で、これは江南に現存する明代の黄石築山の最大のものである」と言つている。この黄石築山は主峰の高さが12mで、明代の有名な築山専門家の張南陽の佳作である。この築山は、黄石の模様と外観の輪郭が力強いという点を生かし、山が雄大で、峰々が起伏する特徴をよくとらえている。山の中腹に平台があり、山頂には望江亭がある。ここから園外の景色を眺めることができれば、国内の景観を見下ろすこともできる。
豫園内には多くの美しい景観がある。仰山堂の東側に「漸入佳境」と呼ばれる回廊があるが、回廊の裏に狭くて長い道がついており、その上に300余年の歴史のあるフジ棚がある。観光客はここで魚楽榭、万花楼、隔水花墻、竜墻、点春堂、会景楼、玉華堂、「玉玲瓏」太湖石、静観堂、劇舞台などの建物と景物を観賞することができる。
□観光サービス
交通:11、 45、 55、 126、 926路のバスを利用。
電話:8621-63283251
開放時間:08:30-17:00 
出所:中国の庭園
関連用語:

Copyright 2006 abc0120 All rights reserved.